勝月の軸幅(室町時代)

 第二世 黙之宗草大和尚  文祿三年(一五六〇)一月二十八日示寂

後年、「室中の法宝」と驚嘆された『夢中問答』を残しました。また能筆な墨跡で知られる学徳兼備の傑僧でした。黙之大和尚の世代に、徳川家康公から御朱印状が下賜されています。

   

 

←鳳仙寺版正法眼蔵・夢中問答へ
海北友松筆人物画へ→