開山伝衣の袈裟(室町時代)

この袈裟は、第16世乙堂禅師が着用された由緒ある袈裟で、18世紀初めごろの袈裟です。この伝衣は紺地に金糸をふん だんに使用して法輪と瑞雲などを織りだし、現在の袈裟に比べても全く遜色がありませ ん。袈裟の内側には、24世禅師の墨書で、慶応3年に傷んでいた袈裟を補修した事が 書かれています。

 

第16世乙堂禅師が着用された由緒ある袈裟

 

 

開山伝衣の袈裟(室町時代)
この袈裟は、430年前、開山仏広  常照禅師が着用された由緒ある袈裟で、室町時代に制作されたものです。この伝衣は、  格子模様のある黄土色の地味な袈裟ですが、品位の高い逸品です。当時としてはかなり  大きく,体格の素晴らしかった開山禅師のお姿を物語ってくれています。

 

←増長天像へ
鳳仙寺版正法眼蔵・夢中問答へ→